動物図鑑・シマオイワワラビー

シマオイワワラビー さんのプロフィール



動物図鑑・シマオイワワラビー

シマオイワワラビー

カンガルー目 カンガルー科
学 名 Petrogale xanthopus
英 名 Yellow-footed Rock Wallaby / Ring-tailed Rock Wallaby
分布域 オーストラリア大陸の一部
生息環境 岩場や荒れ地など
体 長 48~60cm 程度
尾 長 57~70cm 程度
体 重 6~11kg 程度
IUCNによる保存状況評価 / 準絶滅危惧種 (NT)

カンガルーの仲間はオーストラリアに広く分布しているが、「ワラビー」とはカンガルー科に属する動物の中でも小型のものを指す総称として使われている。
ベネットワラビーオグロワラビーパルマワラビーなど、およそ40種類近くのワラビー属が知られているが、イワワラビーの仲間は森林などに生息しているものとは違い、名前のように、岩場や崖などの荒れた地域に生息している。

シマオイワワラビーは、サウスオーストラリア州東部やニューサウスウェールズ州西部、クイーンズランド州の一部などに生息している。

荒れた地域で生活していることもあり、人が住んでいる近くなどでは姿を見せることがないが、水源から遠く離れたようなところでは見られないと言われている。

体は雄の方が大きいが、いずれも耳は大きく、尾は体長よりも長い。
また、カンガルーに比べると後肢は小さいが、よく発達している。

毛色は、背側は茶褐色や灰褐色で、腹側は白っぽい色をしている。
四肢や尾などは茶色やオレンジ色などで、尾には背の色と同じ色の斑が、十本程度リング状になって見られ、これが名前の由来になっている。

後肢の付け根には白っぽい斑があり、そこから肩にかけても白い斑がある。
また、耳の下から口元にかけても白い筋がある。

シマオイワワラビーの多くは20頭位までの小さな群れで生活しているが、時には群れ同士が集まって、100頭を超す大きな群れをつくることもある。
主に夜間に活動するが、日中も涼しいようなら昼の間も活動する。

ほかのカンガルー類と同様、草食性で、草や木の葉、落ち葉や種子などを食べるが、木の葉などは口にくわえ、前肢で枝をつかみ、引っ張るようにして食べる。
動きは敏捷で、跳躍力にも優れていて、垂直方向にも体高の1.5倍ほども跳ぶことができると言われている。

シマオイワワラビーには、はっきりとした繁殖期が見られないが、その時期は降雨量によって影響されると考えられている。
雌の妊娠期間は31~32日程で、ふつう1産1子、稀に2子を出産し、他のカンガルーと同じで、子どもは雌の育児嚢で6~7か月の間育てられる。
18ヶ月程で性成熟し、野生下での寿命は3~6年程度、飼育下では10年ほどと言われている。

外敵は、導入されたアカギツネが一番の脅威となっているが、家畜との競合も指摘されている。
また、かつては毛皮を目的とした狩猟や農地開発なども生息数の減少を招いたが、現在も農地や資源開発などによって生息地は減少している。

現在、国際自然保護連合(IUCN)では準絶滅危惧種(NT)に指定しているが、分布域が断片化されているに加え、生息環境も限られていることから、更なる個体数の減少も心配されている。

尚、シマオイワワラビーには次の二亜種が知られている。
Petrogale xanthopus xanthopus
サウスオーストラリア州やニューサウスウェールズ州のゴーラー山脈やフリンダース山脈、オレーリー山脈などに分布
P. x. celeris
クイーンズランド州中西部の一部に分布



Private Zoo Gardenは、国内の動物園で会える動物たちを紹介している、インターネット動物園です。
 今後とも園内の充実を図っていく予定ですので、動物図鑑や写真集などとして、是非利用してください。
このページの先頭へ

動物図鑑・シマオイワワラビー 1 動物図鑑・シマオイワワラビー 2 動物図鑑・シマオイワワラビー 3 動物図鑑・シマオイワワラビー 4