動物図鑑・ヤクシカ

ヤクシカ さんのプロフィール



動物図鑑・ヤクシカ

ヤクシカ

偶蹄目 シカ科
学 名 Cervus nippon yakushimae
英 名 Yakushima deer
分布域 屋久島や口永良部島
生息環境 森林や草地、原野など
体 長 体長1~1.5m 程度
肩 高 60~80cm 程度
体 重 雄で 25~50kg 程度、雌で 20~40kg 程度

ニホンジカは、名前に「ニホン」とついているが日本の固有種ではなく、極東ロシアや中国東北部、朝鮮半島、台湾からベトナムなどに至る東アジアに広く分布している。
しかし、ホンシュウジカキュウシュウジカエゾジカなど、国内には幾つかのニホンジカの亜種が分布しているが、これら国内に分布している亜種全体をニホンジカと呼ぶことも多い。

ヤクシカ(ヤクジカ)も国内に分布しているニホンジカの亜種のひとつで、鹿児島県・屋久島と口永良部島に分布している。
体つきは本州などに分布しているものと同じだが、体が小さく、ニホンジカの中でも特に小さい。

また、ヤクシカは体に対して四肢が短いとされているほか、ホンシュウジカやエゾジカの雄の角が4本に分かれるのに対して、ヤクシカの雄の角はふつう3本に分かれているという特徴があり、長さも25~33cm程と短い。

毛色などは本州のものと同じで、夏毛は赤褐色や黄褐色などの地に白い斑が散在しているが、冬には灰色がかって斑は消失する。

生態や食性なども本州に分布するニホンジカなどと同じで、低地から山地にかけての森林や草地、原野などに生息していて、木の葉や草類、果実や種子などを食べる。
また、昼夜共に活動するが、どちらかと言えば夜行性で、日中は森林内で休んでいて、主に早朝や夕方に採餌を行うことも同じである。

普段は雌雄別の群れをつくって生活していて、雌の群れには子どもや若い雄が含まれているが、成熟した雄は別の群れをつくって生活している。
しかし、繁殖期の秋になると、雄は角を突き合わせて激しく争い、勝ち残った雄は縄張りをつくり、10頭程の雌とハーレムをつくる。

一夫多妻で、雌は春の5~6月頃には1産1子、稀に2子を出産する。
子どもには親の夏毛と同じように白斑が見られ、飼育下での寿命は15~18年程度と言われている。

このほか、ヤクシカは狩猟の対象にもなっていたが、近年の森林開発などによって、一時生息数が激減した時期があった。
その後、保護政策などによって生息数は増加し、現在では十分な個体数が生息している。
反面、生息数の増加に伴う農作物の被害や、自然植生や希少植物などへの食害が問題となっている。

尚、ニホンジカの亜種については未だはっきりと確定しておらず、国際自然保護連合(IUCN)では、ヤクシカをニホンジカの亜種として記載していない。



Private Zoo Gardenは、国内の動物園で会える動物たちを紹介している、インターネット動物園です。
 今後とも園内の充実を図っていく予定ですので、動物図鑑や写真集などとして、是非利用してください。
このページの先頭へ


動物図鑑・ヤクシカ 1 動物図鑑・ヤクシカ 2 動物図鑑・ヤクシカ 3 動物図鑑・ヤクシカ 4 動物図鑑・ヤクシカ 5 動物図鑑・ヤクシカ 6